高齢出産

高齢出産になってしまう理由とは?

誰でも人それぞれに人生があるので、若い頃に結婚をして、
子育てをするという順序にはならない人もいるでしょう。
しかし、高齢出産というと、出産の際にリスクを伴うので、
不安が残るものですが、どうして高齢出産を選んだのか、
その理由について考えてみることにしましょう。

 

何度か出産を経験している人は、出産に対する経過を知っているので、
ある程度余裕をもって、妊娠中を過ごすことが出来るのです。

 

この安定した気持ちが出産の際にはとても大事であり、リスクを低くさせてくれるのですが、
問題なのが、初めての出産であり、何の知識も経験もないので、不安は最上級です。
まず考えられるのが、仕事を優先していて、いつの間にか適齢期を過ぎていたということです。
昔の適齢期は25歳でしたが、最近では、社会進出をした女性が増えてきているので、
30代前半ぐらいが適齢期であるとされています。

 

結婚をしても仕事を辞めずに、共稼ぎをする夫婦も多くなり、出産が二の次になってしまっている
という背景があるでしょう。二つ目は、一度目の出産から間が空いてしまい、二度目の出産で
高齢出産となったという点です。

 

一度出産経験があるので、ある程度の過程を知っており、その分、余裕を持って出産を迎えることが
出来るのですが、そうはいっても、あまりに間が空きすぎていると、その痛みを忘れてしまっている
ので、不安な気持ちは一緒でしょう。

 

三つ目は、不妊治療を受けているという点です。
結婚当初から子供が欲しいと望んでいても、なかなか子宝に恵まれないという人もいますが、
治療の甲斐があって、高齢出産ですが、子どもが出来たというと、とても喜びは大きなものです。
しかし、その半分は、不安で一杯でもあるのです。

 

このように、高齢出産と言っても様々な理由がありますが、高齢での出産ということには
変わりがないので、体力的にも精神的にも母親になる為にしっかりと鍛えておくことをお勧めします。

 

元気な赤ちゃんを産む為の、高齢出産への準備

最近よく見る言葉に、「高齢出産」がありますが、リスクが高くて、躊躇してしまう人もいますし、
諦めてしまう人もいるでしょう。又、二人目を高齢出産する妊婦さんもいて、人生色々ですが、
どちらにしても、危険リスクが高まることは間違いないのです。

 

しかし、二度目以降の出産では、前に経験済みなので、その痛みに対する心構えが
出来ていますし、分娩にかかる時間が初産よりも短くなるので、体力的にも精神的にも
安定してくるでしょう。ですから、初産に比べると、とても楽なのですが、そうはいっても、
やはり心配はあります。

 

高齢出産の場合、心がけることは、まずは食事の管理であり、特に葉酸は意識して摂取する必要があります。
何よりも自分だけの体ではないのですから、お腹の赤ちゃんのことを一番に考えたバランスの取れた食事を
心がけることです。子どもを産むというのは、とても体力が要ることですから、
それなりに適度な運動をしておかないと、出産に臨むことが難しいのです。

 

いくつぐらいで出産するという計画を立てておくと、それに向けての体力維持をすることが
出来るので、しっかりとした計画を立ててから出産に挑むことにしましょう。

勿論、夫婦二人だけで解決するような問題ばかりではなく、高齢出産には様々な
問題が生じてくるので、夫婦だけでなく、両親や医師の指示を仰ぐことをお勧めします。

 

五体満足な健康な赤ちゃん産む為には、夫婦と周りの家族でしっかりと
協力しあっていくことが大事な要素であり、出産後に対しても同様に、
家族で協力しあって出産・育児に頑張りましょう。